等級で保障は変わる

後遺障害は、いわばどの級に認定されるか、という点において保障額が異なります。ということは、方法を間違えば本来受けられるはずの保障が受けられない可能性もあるということです。弁護士に依頼しないなら、そういったリスクもあるということです。そのリスクを考えた時、費用との兼ね合いとも比較するなら、弁護士に依頼するメリットは高い、と言えます。では、デメリットはあるのでしょうか。まず、依頼したからといって失敗は全くしない、ということではありません。100%の保障はどこも謳っていません。

また、これからの事を考えても、やはり可能な限り多くの保障を受けた方が良い、と言えます。特に慰謝料は、どのような基準で計算するかによって金額も変わってきますから、私達自身も、依頼する前にその状況についてきちんと把握する、ということが必要です。

交通事故は難しい問題だからこそ、弁護士に依頼することによって、確実、そして迅速に物事を進展させる必要があります。加えて、本当の望みとは、そういった事故に巻き込まれないことや他人を招かないことですから、その自分が行っている運転においても、再度見直しをしてみるなら、より高い希望へと近づいていくでしょう。

後遺症の申請・認定とは

交通事故によって生じ得る後遺障害は、ただ自分がその症状を有していることを表しているだけでは、第三者から見て後遺障害を持っているということを証明することにはなりません。私達は賠償を受けるためにも正式に、いわゆる後遺障害の『等級』を受けて、対象者であることを示す必要があります。等級には、主に1級から14級までがあり、上の級は介護が必要な状態にまでなる症状も該当します。下は、交通事故で起きやすいむちうちに関しても、該当します。ただし、むちうちだとしても書類の作成の仕方によっては14級に該当しないこともありますから、やはりこの点を考えても弁護士に依頼した方が確実であると言えます。

そうして認定してもらってはじめて後遺障害であることを証明することができます。この後遺障害における保障(慰謝料)は、その等級が上がればあがるほど金額は高くなりますが、それにおいて基準が変わっても金額が変動します。もし弁護士基準で、慰謝料を請求することができれば、過去の事例に遭ったように100万円以上高くなることもあり得ます。

後遺症の申請や認定において、より確実性を取るのであれば、弁護士に相談して、どのくらい変わってくるか、という点などを知っておくと良いでしょう。

示談をしてはいけない理由

交通事故に関して、私達が気を付けなければならない点があります。後遺症について考える前に、まずは『示談』について考えてみましょう。示談交渉は、交通事故の処理として行われることがあるものですが、安易に示談交渉をしてしまうことにはリスクがあります。例えば、実際は『物損』ということで折り合いが付いた…と思っていた事故であっても、本当は『人身』事故であった、ということがあり得ます。

例えば、事故が起きたその場では、自分の見には何ら怪我がないように思えることがあります。それ自体は良いことです。ですから、大した損害も無いので、そこで示談、としてしまうかもしれません。しかし、後日になって、自分に後遺障害があることが分かりました。それが、交通事故によってなりやすい、『むちうち』です。むちうちは、後遺障害第14級に該当しますから、賠償の対象となります。しかし、一度行ってしまった示談を覆すことは難しいために、それが『リスク』となってしまうのです。

ですから、むち打ちのような症状が少しでもあるなら、診察を受け、もしそうであればきちんと後遺障害認定をしてもらうことが必要です。それによって、受け取ることができる金額が、大幅に変わる可能性があります。