安全という言葉は、ただ言葉として発しているだけでは、達成することはできません。私達はそれを達成するために、自分たちの行動によって、自分たちが安全というものを支持しており、それを望んでいる、ということを示さなければなりません。もちろんそれは時と場合によっては簡単なことではありませんが、それは私達だけではなく、他の人の安全も確立するものですから、誰もがそれを行うべきである、と言えます。特に、自分自身だけではなく、他の人が深くかかわってくる問題であるなら、なおさらのことです。

他の人が深くかかわってくる問題、それには何があるのでしょうか。その一つが『交通事故』です。私達は運転をしている時、確かにその車を運転しているのは私達自身であり、私達がどうハンドルを切るかによって車の進行方向は変わりますが、それ以上に、運転を行っているのは私達自身だけではありませんから、それら他の運転手のことも考えながら、運転を行う必要があります。

さて、そこでもし安全運転を怠ってしまうと、どうなるでしょうか。単独で事故を起こすかもしれませんし、または、誰かの不注意で発生してしまった事故に、巻き込まれて大怪我を負うことすらあります。本来は事故自体が起きるべきではないのですが、私達は自分たちにもしそういった瞬間が訪れたら、と考えるならば、準備をしておくことに越したことはありません。もし交通事故で後遺症を負ったら…と考えると、それはなおさらです。

交通事故の後遺症とは