交通事故によって生じ得る後遺障害は、ただ自分がその症状を有していることを表しているだけでは、第三者から見て後遺障害を持っているということを証明することにはなりません。私達は賠償を受けるためにも正式に、いわゆる後遺障害の『等級』を受けて、対象者であることを示す必要があります。等級には、主に1級から14級までがあり、上の級は介護が必要な状態にまでなる症状も該当します。下は、交通事故で起きやすいむちうちに関しても、該当します。ただし、むちうちだとしても書類の作成の仕方によっては14級に該当しないこともありますから、やはりこの点を考えても弁護士に依頼した方が確実であると言えます。

そうして認定してもらってはじめて後遺障害であることを証明することができます。この後遺障害における保障(慰謝料)は、その等級が上がればあがるほど金額は高くなりますが、それにおいて基準が変わっても金額が変動します。もし弁護士基準で、慰謝料を請求することができれば、過去の事例に遭ったように100万円以上高くなることもあり得ます。

後遺症の申請や認定において、より確実性を取るのであれば、弁護士に相談して、どのくらい変わってくるか、という点などを知っておくと良いでしょう。

後遺症の申請・認定とは